×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ジャズピアノ

ブルーノートスケール

ブルーノートといえば、ジャズ等のライブバーを
思い浮かべる方もいらっしゃると思います。

ブルースでよく聞くブルージーな音使い(表現があいまいですみません)の秘密は
このスケールによるものです。

3度、5度、7度を半音下げたダイアトニックスケール(Cがルートの場合の白鍵ばかりで
できるスケールの事をいう)をブルーノートスケールと呼びます。

下記譜例が、ルートがCの場合のブルーノートスケールです。

ジャズピアノ ブルーノートスケール

ギターでチョーキングという技があるのですが、この技を使うことでとてもブルージーな
フレーズが出来るのです。

ピアノの場合は、弦とは違ってこのあいまいな音を演奏することができません。

そこで、ピアノでこのブルーノートを効果的に使うには、音を引っ掛ける方法があります。

例えば下のフレーズを演奏してみて下さい。

ジャズピアノ ブルーノートフレーズ

ブルージーな音使いというのが分かってもらえたでしょうか?

譜例では3度の音でしたが、5度や7度でも同じように引っ掛けることで
ブルージーさを出すことが可能になります。

準備

豆知識

基礎

コード

スケール

バッキング

ブルース

おまけ

アドリブ

イントロ

比較

紹介